北海道・剣淵町で「伊藤正道 絵本原画展」

ehon2017 gehan

8月1日から1か月間、北海道の旭川から車で1時間程のところにある「剣淵町絵本の館」で、伊藤正道 絵本原画展「僕への小さな旅」が開かれます。初期から晩年までの代表的な絵本7冊の原画を厳選して50点展示いたします。

北海道とはご縁が深く、1989年に発売されたお米「きらら397」のキャラクターデザインを伊藤正道が制作し、それまでのお米の袋のイメージを一新して評判になりました。本人も「こんな大きな仕事は初めてだった」と言っていますが、イラストレーターとしての本格的なスタートとなり、30年近く経った今でも時々きららちゃんのパッケージが見られます。

toriCIMG8226

今回の展示を企画してくださった北海道イラストレーターズクラブαの名誉会長を務められている佐藤正人さんが、「いまだに農家のあちこちで見かけるきららちゃんです」と、旭川を通った時に見かけた看板の写真を送ってくださいました。

剣淵町絵本の館では、9月の1か月間、佐藤さんの原画展「こころのふるさと・けんぶち」が開かれます。8月、9月に北海道へ行かれる機会がありましたら、ぜひ絵本で町おこしをしている剣淵町を訪ねてください。

*詳しくは、剣淵町絵本の館へ Tel:0165-34-2624 http://ehon-yakata.com/

tori絵本館2剣淵町観光協会HPより

 

 

******************************

久々に稲村ガ崎のスナップ写真をお届けいたします。

 

toriIMAG3746ジオジオのベランダから見た一昨日の花火大会

toriIMAG3647大雨が上がった後の富士山

toriIMAG3658toriIMAG3666

近所の柴犬ゲンちゃんと、ちょっとお散歩

 

石ッコロの冒険

tori石ッコロib-4-f2

『マフィーくんとジオじいさん 石ッコロの冒険』 (作・絵 伊藤正道)

“立山が見えてきたよ・・・”  マフィーくんとジオじいさんは雲に乗って富山へ。そして山の奥に迷子の石ッコロを探しに行きます。山や川、雄大な自然を背景に、石ッコロとその友だちの恐竜テラドンとの心の触れあいを描いたお話です。2009年、北日本新聞創刊125周年の特集版として、11ページにわたって大きく掲載されました。

先週、高山の飛騨世界・生活文化センター(飛騨センター)に出張してきました。名古屋から高山へ向かう高山本線は、木曽川・飛騨川などに沿いながら走るので、車窓からは緑深い山々や、深い渓谷などが眺められます。石っころがゴロゴロころがっている川を眺めていたら、ふと『石ッコロの冒険』のことを思い出しました。

toriIMAG3569toriIMAG3583

 

飛騨センターの屋上広場からは、乗鞍岳や笠ケ岳など、北アルプスの素晴らしい眺望が広がります。

toriIMAG3591

 

 

『いとしのリトルブルー』 と 若葉保育園

toriir-3-o2のコピー

『いとしのリトルブルー』は、2004年に主婦の友社から発行された童話です。文章は松園直美さんが執筆され、絵は伊藤正道が描きました。

体が小さくて歌も苦手、色も目立たない青い小鳥のリトルブルー。でもお母さん鳥に見守られ、慰められ、励まされて、やがて金色に輝く山に元気に旅立っていきます。

松園さんは、岐阜市の若葉保育園の園長先生です。ジオジオ・ファクトリーや東京での個展にもいらしてくださり、ずっと応援してくださっています。その保育園では園長先生のリーダーシップの下、絵本やアート、音楽を通じて、子どもたちを育むための様々な活動を行っています。

「えほんの部屋」もあり、なんと「伊藤正道ちいさなギャラリー」も作ってくださいました。前に訪れたときに、子どもたちの歌や遊戯で温かく迎えてくださったことが忘れられません。

先日、松園さんから嬉しい写真が送信されてきました。

tori若葉_1398

保育園の年長さんに『まだかな まだかな』を読んであげたところ、子どもたちが「塗り絵をやりたい!やりたい!」と喜んで、完成した絵を「ちいさなギャラリー」に飾ってくれたのです。フレームも全部デザインしたそうです。そして、食育活動で野菜の苗を植えたときには、子どもたちが「まだかな まだかな」と可愛いメッセージを書いてくれました。

若葉保育園で『まだかな まだかな』の世界が広がって、感謝感激です!

tori若葉2_1397tori若葉3_1097

リトルブルー2199

 

 

『僕への小さな旅』

tor2ibc-29-o2

梅雨に入ったようだけど雨が少なく、今日も夏のような陽射しですね。

ジオジオの窓から稲村ケ崎の緑と青い海が広がる光景を見つめていると、伊藤正道の絵本『僕への小さな旅』(ポプラ社)は、この景色から生まれた作品なのだなあと思います。海を眺めながら、少年の頃のある夏の日を、そして大好きだったクマのぬいぐるみ(モルン)を思い出したのでしょうか。(木の小屋の屋根裏部屋の窓から、モルンもずっと海をみつめています。)

 

小手鞠るいさんが、この絵本について思いを綴ってくださいました。

 

*********************

『僕への小さな旅』に寄せて

 

この小さな絵本については、思い出が本当にたくさんあって、

読み返すたびに、心から思い出があふれ出します。

私の過去の作品の中にもたびたび登場させました。

『レンアイケッコン』では、この絵本がきっかけになって

主人公の恋人たちは結婚します。

やなせたかし先生も、献辞として巻頭に掲げた

伊藤さんの言葉に注目してくださいました。

『あなたにつながる記憶のすべて』の1編には、

この絵本と私の出会いから、伊藤さんとの別れまでの

すべてのエピソードが盛り込まれています。

また『ラブ・オールウェイズ』の最終話は、

この絵本をそのまま短編小説として書いています。

それでもまだまだ足りないくらい、この本に対する私の想いは

深いのです。

 

いったん好きになったら、どこまでもとことん好きになる。

この絵本はそんな力を持っています。

私はその力を「永遠」と名付けたいと思います。

 

稲村ガ崎の giogio factory にお邪魔して、

屋外のテラスでお茶をのみながら、

そして、この絵本を1ページずつめくりながら、

伊藤さんとお話をさせていただいた日のことは、

そのとき吹いていた潮風とともに、今もこの胸に

くっきりと残っています。

 

書いても書いても書き足りないこの絵本への愛。

またいつか、私の作品の中に登場させたいと思っています。

きっといつか、また会えるよね、モルンと「ぼく」に。

 

小手鞠るい

 

***********************

小手鞠さんは小説『レンアイケッコン』の最初のページに、『僕への小さな旅』からの一文を載せてくださいました。

   でも、君はずっとここでぼくを待っていてくれたんだね。

そして2009年に祥伝社から発行された小説『ロング・ウェイ』は、3年後に祥伝社文庫になりました。その文庫版の表紙の絵は『僕への小さな旅』からの1枚です。

toriimg001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『こどもの大統領』が復刊しました!

 

先週末で「まだかな まだかな」展が終りました。22年前に描いたこの絵本の原画を、初めて皆様にご覧いただくことができ、正道もきっと喜んでいることと思います。お忙しい中、稲村ガ崎までお越しくださり、心よりお礼を申し上げます。

toriこども大統領toriこども大統領3

お知らせです。作家の加納真士さんが執筆され、伊藤正道が表紙と挿絵を描き、2002年に発刊した童話『こどもの大統領』が復刊いたしました。

“地球の東の海の果てのとある島国、タチツトット国に初の大統領が誕生しました!その名は「ミックモック」。特別の才能もない、クルクル巻き毛のお菓子大好き、ごくごくふつうの「ただの小学生」だったのです。”

8歳のこどもが大統領になって、色々な奇跡がおこる夢あふれる世界、子どもだけでなく大人も心癒される物語です。ご希望の方は、このHPのContact(お問合せメール)からご連絡ください。(定価:1,200円+税 発行:K2カンパニー)

 

もう一つご案内を。ジオジオにいつも来て下さるイラストレーターの、つぼいじゅりさんが初めての絵本『たまらんちゃん』を発刊しました。とても愉快なキャラクターです。本屋さんで見つけたら、ぜひお手にとってご覧ください。発刊を記念して6月13日まで、高円寺のMucchi’s Caféで絵本原画展も開催されています。http://mucchiscafe.web.fc2.com/

toriたまらんちゃん

 

梅雨前の稲村ケ崎、今日も晴れて夏のような陽射しです。

これから鎌倉も紫陽花の季節、音無川沿いのお庭はまだ蕾が多く、あと1週間くらいでしょうか。

toriIMAG3497

tori2IMAG3520

 

 

 

 

 

 

 

「まだかな まだかな」展、残り3日

torijpgimm

4月初めからスタートした「まだかな まだかな」展も、残り3日となりました。今週末の26日(金)、27日(土)、28日(日)迄です。会期の2か月の間に、桜から、もうすぐ紫陽花へ、季節も徐々に移ろいました。梅雨の前の一日、鎌倉を散策がてら、稲村ガ崎へ足をお運びくださいませ。

giogio factory 5月26日~28日 (金・土・日) 11:00~17:00

 

suiheisenDM1suiheisenDM2

 

もう一つお知らせがあります。伊藤正道のお友だちのイラストレーターで、ジオジオのすぐ近くにお住まいの倉部今日子さんが、鎌倉駅西口から徒歩3分のところにギャラリーをオープンしました。「水平線ギャラリー」という、とても素敵な空間です。

そこで6月7日から12日間、「かまくら春秋 四人展」が開かれます。鎌倉のタウン誌「かまくら春秋」のさし絵を描いた地元の作家、高橋幸子さん、吉野晃希男さん、倉部今日子さんとともに、正道が連載した「ジオじいさんの 日々湘南」の絵も展示してくださいます。とても便利な場所なので、お買い物などで鎌倉駅周辺にお越しの節は、ぜひお立ち寄りください。

今はオープニング展として6月4日(日)まで、倉部さんの人気の絵本『えのでんタンコロ』の原画と、江ノ電を写した色々なシーンの写真が展示されています。こちらもぜひご覧くださいませ。

水平線ギャラリー https://www.suiheisen.net/ 

Tel 0467-24-4759 11:00 ~ 18:00  火曜休み

 

 

 

 

 

ジオジオ、今日から再びオープン

toriIMAG3440

ゴールデンウィークも終わり、少し静かになった鎌倉、今日からジオジオで『まだかな まだかな』原画展の後半が始まります。今日も真夏のような気候ですが、5日の子どもの日も急に気温が上がり、由比ガ浜や材木座の海岸では赤潮で海が赤く染まりました。ニュースにもなっていましたが、夜は夜光虫が青く光り幻想的な光景に。稲村ケ崎でもピンク色の海が徐々に広がっていました。

今回の展示では、復刊した『まだかな まだかな』の他に、若い頃に描いた『ひめりんごの木の下で』『かがりちゃん』『のねずみ の ちびすけ』の絵も展示しています。季節が移ろい、初夏のような陽射しの稲村ケ崎をぜひ訪れてください。

giogio factory 5月12日~28日 (金・土・日のみ) 11:00~17:00

ひめりんご表紙

かがりちゃん表紙のねずみ表紙

 

 

ゴールデンウィークがスタート!

torigs-2-o2

お庭でも路地でも色々な草花が一斉に花ひらき、一年の中でも特に美しい季節ですね。夏のような陽射しの中、今日からゴールデンウィークがスタート!皆さまはどのように過ごされますか?

ジオジオ・ファクトリーは、今日と明日オープン。『まだかな まだかな』をはじめ、色々な絵本の原画を展示しています。お時間がありましたら、ぜひお越しくださいませ。

giogio factory  4月29日~30日、 5月12日~28日 (金・土・日のみ) 11:00~17:00  

*5月の第1週(ゴールデンウィーク期間中)は休館です。

 

 

toriIMAG3426

そしてゴールデンウィークの期間中、鎌倉駅から徒歩8分ほどの路地に佇む手作り雑貨のお店「かまくら  かたをか」で、「伊藤正道の絵本展」を開いています。ジオジオのオリジナルグッズもあります。昭和初期の穏やかなお家の中で、カフェ「POKAPOKA」のコーヒーやお菓子、ランチをいただきながら、ゆったりとした優しい時間を過ごして下さい。

詳しいことは、http://kamakurakatawoka.wix.com/zakcafe1

 

LEAF  新緑の季節ですね

toriLEAF

新緑の季節ですね。この絵は、ジオジオ・ファクトリーのオリジナル・カレンダーに掲載した今月の絵です。絵本『HOUSE』のシリーズから、「LEAF」。

小手鞠るいさんから、「大好きな『HOUSE』について・・・」というメールをいただきました。

 

10年以上ずっと、私のお気に入りの絵本です。

マフィーとジオじいさんの住んでいる家。

アルファベットのAからZまでの単語と、

伊藤さんの短いお話によって語られるふたりの暮らし。

あたたかな優しさとユーモアに満ちています。

この絵本の魅力のわかる人は、そうとうにセンスのいい人!

 

私の『HOUSE』は伊藤さんの手書きのサイン入り。

おまけにクラリンの絵まで描きこんで下さっている。

「これはもはや、お気に入りを超えて家宝ですぞ」と

ジオじいさんも言ってます。

 

それにしても、伊藤さんの言葉は、なんてシンプルで、

なんて深いのでしょう。

「ひとつのちいさな石でも、かならずふるさとがあるんだよ」

「まどっていえの目のようなものだよ」

悲しいことがあったときにも、うれしいことがあったときにも、

私はマフィーとジオじいさんの会話を聞きたくなります。

 
あなたのコーヒータイムに、そして、人生のおともにぜひ。

 

tori2伊藤さんのサインtoriHOUSE表紙

 

絵本『まだかな まだかな』の原画展は、今日から3週目。先週はお天気も良かったので、東京や埼玉からもお客様が来て下さいました。これから爽やかな季節になります。稲村ケ崎の海辺を散策しながら、ジオジオまでぜひお越しくださいませ。

giogio factory  4月21日~30日、 5月12日~28日 (金曜・土曜・日曜のみ)

11:00~17:00  *5月の第1週(ゴールデンウィーク期間中)は休館です。

toriIMAG3368

toriIMAG3301

 

 

 

 

 

 

小手鞠るいさんから、嬉しいメールが

toriimg001

小説家として数々の賞を受賞され、児童文学や絵本など子ども向けの作品も数多く発表されている小手鞠るいさんから、絵本『まだかな まだかな』について、嬉しいメールをいただきました。

 
復刊、おめでとうございます!

うれしいニュースが続きますね。私も本当にとてもうれしいです。

この絵本には、のちの『はっぱせんせい』へもつながっていく

伊藤さんの木や葉や実への愛情があふれていますね。

でも、最後に木に咲くのは本である、というお話なんですよね。

22年も前の作品とは思えない、今、こういう時代だからこそ、

子どもたちにも大人たちにも読んで欲しい作品です。

私たちの地球はこの絵本を必要としている。そんな気がします。

  小手鞠るい

 

小手鞠さんとのご縁は、2000年発行された童話『クラリンの猫まんま』(飛鳥新社)のイラストを、伊藤正道が描いたことから始まりました。アメリカのニューヨーク州在住ですが、帰国された時には個展にも来て下さいました。

その後、小手鞠さんの小説に伊藤正道が挿絵を描く連載が進められ、正道が亡くなった2年後の2014年に単行本として『ラブ・オールウェイズ』(祥伝社)が刊行されました。そのあと書きには優しさ溢れる追悼の文章を添えてくださいました。

小手鞠さんは、いまも応援し続けてくださいます。これからも伊藤正道の絵本について、時々コメントを寄せてくださるとのこと、とても楽しみです。ウッドストックの森の仕事場からメールが届きましたら、このブログで紹介させていただきますね。

toriクラリン