イワタコーヒーのホームページ

tori_MG_3473

鎌倉・小町通りの入口にある「イワタコーヒー」。戦前から、私たちの祖父と祖母がこの場所で飲食店を開いていましたが、戦後すぐに叔父が喫茶店を開業し、70年以上の歴史がある老舗です。今は従弟の娘さんの岩田亜里紗さんが、三代目として頑張っています。

今回、公式ホームページがアップしました。ホットケーキが有名ですが、その他にもメニューは色々、各種生ケーキやプリン、パフェ、最近はフルーツサンドもとても人気です。そしてなんといっても素敵なのはお庭、季節ごとに様々な木々や花々が目を楽しませてくれます。

tori180416_イワタ珈琲店15399

tori_MG_5769

ホームページでは、お店の外観やインテリアをはじめ、様々なメニュー、お庭、懐かしい写真とともに、伊藤正道の絵をあしらったコーヒーのドリップパックや、イワタコーヒーを紹介した「ジオじいさんの日々湘南」番外編も掲載されています。お時間がある時に、下記のアドレスからご覧ください。

http://iwatacoffee.sakura.ne.jp/index.html

tori180416_イワタ珈琲店15516toriiwataHP用 日々湘南

毎年冬には伊藤正道の原画展も開かれます。鎌倉に来られましたら、ぜひイワタコーヒーで一休みしてください。

 

*****************************

6月28日発売の雑誌「hanako」で亜里紗さんのインタビューが4頁紹介されました。

toiIMAG0012toriIMAG0019

 

toriMAG0015

 

 

 

Vacanaces & 空とぶレシピ展、1日延長します。

 

toriVacances 005

ゴールデンウィーク明けからジオジオで始まった「Vacances & 空とぶレシピ展」も、今週末で終了です。6月末までの金土日とご案内いたしましたが、7月1日(日曜)もオープンします。

今回展示しているこの「Vacances」の絵、海辺のテント中から誰かさんが足を出して、車の下ではワンチャンがうずくまって、二人でのんびりとお昼寝。「すごく癒される!」とじっと絵を見つめる方がいらっしゃいました。

toriIMAG5410

toriIMAG5412

新登場のぬいぐるみ「モルン」もお陰様で大好評、絵本『僕への小さな旅』をご存知の方はすぐにこのクマちゃんを見つけてくださいます。

今週末の金土日3日間、紫陽花はピークを過ぎ、江ノ電も少し落ち着きを取り戻しました。こちら方面にお越しの節はぜひお立ち寄りください。

*伊藤正道の  “Vacances” & 空とぶレシピ in Kamakura”

 629(金)、30(土)、7月1(日)  11:0017:00 giogio factory

toriVACANCES YUI4

1990年6月、南青山のギャラリーYUIでの「Vacances」展オープニング

*****************************************************:

toriIMAG5427

toriIMAG5438

昨日夕方の稲村ケ崎、久しぶりに筆で描いたような雲が広がっていました。江の島方面は霞んでいて、ぼんやりとした富士山のシルエットが美しかったです。

 

 

 

 

カルガモ騒動

toriIMAG5377

昨日の夕方、ジオジオの前にカルガモの一家(お母さんとヒナ4羽)がお散歩していました。ヨチヨチ歩いているヒナが可愛い!と思って、早速ケータイでパチパチ撮っていたら、突然一羽が、側溝の穴にはまって落ちてしまったのです!!穴の中をよくのぞくと、他に3羽も落ちているのです。

ジオジオのお客さま、お隣の少年、主人となんとか救出しようとしたのですが、溝の中を走り回るし、溝のフタは重くて持ち上がらず、お母さんカモも、落ちたヒナたちもピイピイピイピイ泣いているし・・・・思い余って、七里ガ浜の消防署に電話をしました。

電話にでた署員の方も戸惑っていましたが、「とにかく現場に確認に行きます、でも緊急の案件が入ってしまったら、すみませんが遅くなるかもしれません」とのこと。それはそうですよね。

でも、それからすぐに消防車と3人の署員の方が出動して下さり、バールで溝の蓋を上げ、懐中電灯やら音を立てたりして追い込んで、30分位で3羽とも無事に救出!!みんなで思わず拍手。カルガモ騒動は一件落着、ほっとしました。

七里ヶ浜消防署の皆さま、本当に有難うございました!

toriIMAG5381

toriIMAG5383

toriIMAG5384

toriIMAG5385

カルガモ一家の棲家と思われる「音無川」のほとり。色とりどりの紫陽花の花が美しいです。

toriIMAG5390

toriIMAG5386

 

モルン & 空とぶ にぎり

toriIMAG5364

「モルン、君はずっと待っててくれたんだね」

なつかしいあの海の砂浜で、忘れていた自分の欠片を見つける旅。モルンは、絵本『僕への小さな旅』に登場するクマのぬいぐるみ、赤いボタンが目印です。

モルンのぬいぐるみが新登場!一つ一つ手づくりなので表情が色々、手も足も動きます。

tori江戸前寿司

“正直言って、お寿司を描く日がくるとは思いませんでしたが・・・。

日本料理の中では、欠かすことのできないスーパースターなので、挑戦してみました。

描きながら、その彩りの楽しさに気づきました。

マグロ、イカ、タイ、ウニ、コハダなど、たくさんの種類があるのですが、

どうやって並べるのか、板前さんに聞いたところ、赤、白、赤、白って並べると聞いて、納得。

とても「おめでたい」食べ物なんですね。“

2011年冬に「空とぶレシピ」のシリーズを発表した時、伊藤正道が絵に添えた言葉です。江戸前寿司は、特に人気があった絵で、「見ていると、お腹がすいたあ・・・」という声も多かったようです。

 

toriIMAG5371

稲村ガ崎の海は、今日も穏やかに晴れています。ジオジオの「Vacances & 空とぶレシピ展」、いよいよ中日。アジサイもそろそろ見頃で、鎌倉駅からの江ノ電は少し混み始めています。藤沢から乗ると、わりと乗りやすいです。海沿いを走るので、車窓からの景色も変化があって楽しいですよ。

*伊藤正道の  “Vacances” & 空とぶレシピ in Kamakura”

 5月11日(金)~6月30日(土) (金・土・日のみ)

 11:00~17:00 giogio factory

 

 

 

Vacances & 空とぶレシピ展 

toriIMAG5295

toriIMAG5296

ゴールデンウィーク明けの週末から、ジオジオで「Vacances & 空とぶレシピ展」が始まりました。テーマも時代もまったく違う二つのシリーズの絵をご紹介するので、ギャラリー空間も柔らかく仕切って展示しています。絵具は同じアクリルですが、素材はワトソン紙とキャンバス、20年の間に変化した、軽いタッチと繊細な筆致、という違いも面白いです。

tori vacancees akie

昨日、伊藤正道が若い頃から親しかったお友だちが、1990年のVacances展の時に展示した珍しい絵を持って来てくださいました。大好きな絵なので、久しぶりに出会えて嬉しかったです。

七里ヶ浜から稲村ケ崎を想わせる砂浜、海沿いを走る江ノ電のような電車、不思議な駅、家路を急ぐ青年と犬・・・・・ノスタルジックな夢の中の光景を俯瞰している絵です。早速、展示せていただきました。

*伊藤正道の  “Vacances” & 空とぶレシピ in Kamakura”

511日(金)~630日(土) (金・土・日のみ)

11:0017:00 giogio factory

*************************************************

 

toriIMAG5309

toriIMAG5338

稲村ガ崎の海。風が強くて荒れ模様の日もありましたが、この週末は5月らしい爽やかな青空で、穏やかな海が広がっていました。

 

 

 

今週金曜から「Vacances & 空とぶレシピ」展始まります。

VACANCES 石犬少年2

「VACANCES」のシリーズから、海岸にころがっていたストライプ模様の石の車と、少年とワンチャンの絵です。

このシリーズの作品は伊藤正道が33歳の時、1990年6月に東京・南青山のSPACE YUIで発表しました。その後7月~8月の1か月、大阪御堂筋のMAZDAショールームにオープンしたギャラリーの杮落しとして「伊藤正道のヴァカンス展」を開催、続いて8月~9月にかけて鎌倉・由比ヶ浜のギャラリーでも巡回展を行いました。

昨日今日は5月というのに肌寒いですね、でも今週末はお天気も良さそうで、夏の陽気になるようですよ。夏と海が大好きだった正道の若い頃の、明るくて軽いタッチの絵をご覧いただき、一足早く稲村ケ崎の夏を感じてください。

 
伊藤正道の  “Vacances”  空とぶレシピ in Kamakura”

 511日(金)~630日(土) (金・土・日のみ)

 11:0017:00 giogio factory

 

佐藤正人さんの絵本と個展、「かまくら かたをか」のお知らせ

ほしのたね

昨年8月、北海道・剣淵町絵本の館で開かれた「伊藤正道絵本原画展」の時にお世話になった、札幌在住のイラストレーター佐藤正人さんから、絵本と個展のお知らせが届きました。『ムーニャとほしのたね』は、絵本で町おこしをしている剣淵町の「けんぶちふるさと絵本大賞」を2001年に受賞した絵本です。その後、ムーニャは町のシンボルとして大活躍しています。札幌で開かれる個展「こころのふるさと・けんぶち」では、剣淵の四季を描いたイラスト60点が展示がされます。

875a4c52d3253acab315960903839323[1]

*佐藤正人イラストさっぽろ展「こころのふるさと・けんぶち」

5月15日(火)~20日(日) 10:30~18:30 

さいとうGallery  Tel:011-222-3698

*******************************toriIMAG5244

「かまくら かたをか」でゴールデンウィークの期間中、去年に続いて伊藤正道の絵本を展示・販売してくださっています。江ノ電はこの時期大混雑ですが、鎌倉駅から歩いて行かれます。鎌倉駅西口を出て徒歩10分位、御成通り・由比ガ浜通りを散策しながら立ち寄ってみてください。 3日(木)、4日(金)、5日(土)11:00~16:00 オープン。詳しくはお電話でお問合せを。

*かまくら かたをか 鎌倉市由比ガ浜2-4-22   TEL:0467-22-6115

 

 

ジオジオで 「Vacances & 空とぶレシピ」展

toriVacances

ゴールデンウィーク明けの週末、5月11日(金)から6月末までの金土日、ジオジオ・ファクトリーで「Vacances & 空とぶレシピ展」を開きます。

まぶしい太陽が降り注ぎ、真夏への高揚感あふれる海辺で過ごした夏休み・・・・・・「Vacances」のシリーズは、伊藤正道が若き日に描いた、明るく軽やかな絵の数々です。1990年夏、大阪御堂筋のMAZDA ART GALLERYのオープニング企画「伊藤正道のヴァカンス展」で展示しました。

あわせて今年1月に出版した絵本『空とぶレシピ』の原画をジオジオで展示いたします。このシリーズは2011年の冬、生前最後に発表した作品です。今年2月の恵比寿のギャラリーまぁるに続いて、鎌倉では初めて展示いたします。この機会にぜひご覧くださいませ。

torisr-13-f1

伊藤正道の  “Vacances”  “空とぶレシピ in Kamakura”

 5月11日(金)~6月30日(土) (金・土・日のみ)

 11:00~17:00 giogio factory

はっぱくん

はっぱくん

新緑が眩しい季節になりましたね。森の中で、はっぱくんとナナちゃんが、元気にころげ回っています。

絵本『はっぱくん』は、ジオジオに遊びに来ていた2歳の男の子をもつお父さんとの交流から生まれました。緑や自然を大切にしたいという想いでつくられたこの絵本は、2007年の『はっぱくん』に続き、2009年に『はっぱせんせい』、2011年に『はっぱくんめがね』と、3部作のシリーズになりました。

小手鞠るいさんから、この絵本についてメッセージが送られてきました。

 

****************************

若葉の季節がやってくると、体がむずむずして、

読みたくてたまらなくなる絵本があります。

『はっぱくん』『はっぱせんせい』『はっぱくんめがね』の三部作。

この3冊を読んでいると、私の心は緑色に染まっていきます。

そして、森の仲間たちといっしょに、野原をごろごろ転がりたくなります。

転がると、また緑が増えていくのですね。

本当に楽しい絵本です。

3冊目で、ナナちゃんはめがねをかけて登場するのですが、

私も小学生の頃から近視で、めがねをかけなくてはならなくなって、

ちょっぴりつらかった思い出があったのですが、

ナナちゃんのめがねの魔法を知って、もしかしたら私も、

子どもの時めがねをかけていたからこそ、

肉眼では見えないような、何か素敵なものが見えていたのかなぁと

思いました。

地球を緑でいっぱいにしてくれる、ナナちゃんとはっぱくんと森の仲間たち。

小さな生き物や草花を愛する伊藤さんのメッセージが伝わってきます。

キリシャの虹.2jpg

写真は、ギリシャの草原で見かけた虹です。

この虹をかけたのは、きっと、はっぱくんとおじいさんだと思います。

あ、私のめがね(老眼鏡です!)がぶるぶるふるえています。

さあ、私もこれから森へお散歩に出かけて、

ウッドストックのはっぱ学校の、はっぱ先生に会ってきましょう。

 

小手鞠るい

******************************

happakunhappasensei

 

happamegane

作・絵=伊藤正道  編集=文教大学出版事業部  発行=丸善ブラネット

 

***************************

小手鞠るいさんの新しい本が4月16日に発刊されます。

ぶどう畑

『ぶどう畑で見る夢は――こころみ学園の子どもたち』

山のふもとにたたずむ知的障害者施設「こころみ学園」。 1本のぶどうの老木が静かに語りだします。 知的障害を持つ子どもたちと先生が、ぶどう畑で起こした奇跡を――。     

(出版社・原書房の紹介文より)

 

 

 

「春のかまくら かたをか」展 始まりました。

toriIMAG5234

桜も散って暖かい陽気が続き、一歩ずつ春爛漫、フレッシュな季節になりましたね。

今年で3回目の「春のかまくら かたをか」展は今日からスタート。15日(日)まで、9日間連続で開きます。手づくりの作家の方たちによる、様々なオリジナル商品を展示・販売いたします。

フラワーアレンジメント、フラワーリースを中心に、キッチンクロスや布小物、貝や天然石、ビーズ素材などを使用したオシャレなアクセサリー、優しくてアンティークな雰囲気の刺繍小物の数々・・・。どれも自然素材、優しい手ざわり、温かな色合いのハンドメイドの品々です。今年新たに登場した苔テラリウム、透明なガラスの器に植えられた、緑鮮やかな苔の宇宙もお楽しみください。

toriIMAG5210toriIMAG5231

toriIMAG5236toriIMAG5235

 

toriIMAG5228

*「春のかまくら かたをか」展

4月7日(土)~15日(日) giogio factory  11:00~16:00

toriIMAG5218